【特集】不倫の慰謝料請求の要件

不貞相手の氏名(フルネーム)

不貞行為の慰謝料請求に一番必要な情報です。不貞相手の正確な氏名を把握しておりませんと、不貞行為の慰謝料請求が行えません。

不貞相手の住所

不貞行為の慰謝料請求には、内容証明郵便を始め、書面による意思表示が一般的です。不貞相手の住所が分かりませんと、書面を発送することができません。不貞相手の住所を把握していないときには、住所調査から始めてください。

不貞相手の勤務先

原則、不貞相手の勤務先を把握している必要はありませんが、給与差押えの可能性を考えますと、勤務先の把握は、大きなアドバンテージになります。
また、不貞相手の住所が分からない場合は、一定の配慮の元、不貞相手の勤務先に慰謝料請求の書面を発送する方法があります。

不貞相手の電話番号

原則、不貞相手の電話番号は、不貞行為の慰謝料請求の手続きに不要です。電話番号は、不貞行為の慰謝料請求の手続きに影響を及ぼしません。
を行えます。但し、不貞行為の慰謝料請求の書面を発送し、不貞相手のリアクションが無い場合、弁護士から不貞相手に電話することがあります。
弁護士が不貞相手と電話交渉し、示談が成立することもありますので、可能なら電話番号を押さえておきたいところです。

不貞相手のメールアドレス

原則、不貞相手のメールアドレスは、不貞行為の慰謝料請求の手続きに不要です。
但し、不貞相手が海外在住の場合、弁護士から不貞相手にメールすることがあります。

不貞行為の証拠

不貞行為の証拠を確保していることは、不貞行為の慰謝料請求の要件といえますが、示談交渉の場合は、必ず必要ということはありません。
不貞行為の証拠の例をご確認ください。
不貞行為の決定的証拠と状況証拠に分けております。

【不貞行為の決定的証拠】

  • ○ ラブホテルへの出入りの画像(動画)データ、写真
  • ○ 不貞相手の家への出入りの画像(動画)データ、写真
  • ○ 不貞行為を認める内容の書面
  • ○ 不貞行為を推認できる内容のメール、ライン

【不貞行為の状況証拠】

  • ○ キス、ハグの画像(動画)データ、写真
  • ○ 親密な内容のメール、ラインの画像(動画)データ、写真