示談書作成

業務案内

示談書
リーガルチェック

10,000円(税別)
示談書作成
50,000円(税別)

示談書サンプル

画像をタップで拡大表示ができます

示談書サンプル

示談とは

示談とは

当事者間の合意によりトラブル解決する方法を示談といいます。世間的には、この示談による解決が一般的です。法律上は、和解契約といいます。

示談書の役割

示談書は、不貞行為に伴う問題が万事解決したことを証明する契約書です。必ず作成しておくべき書類といえます。被害者と加害者双方の主なメリットを挙げます。

■ 被害者の主なメリット

  • ○ 慰謝料の金額、支払方法、支払期日が確定すること
  • ○ 債務不履行の場合に示談書を証拠に裁判を起こせること
  • ○ 誓約条項を残すことにより、誓約書の役割を兼ねられること

■ 加害者の主なメリット

  • ○ 慰謝料の金額、支払方法、支払期日が確定すること
  • ○ 慰謝料の再請求を防止すること
  • ○ 守秘義務の条項を残すことにより、情報の拡散を防止できること

示談書作成のポイント

示談書作成の最大のポイントは、示談書にトラブルの完全解決の条項(債権債務の不存在の条項)を設けることです。債権債務の不存在の条項を設けませんと、示談書を作成する意味合いが失われます。

示談書を用意するタイミング

当事者間の合意が成立した場合、早急に示談書を作成すべきです。

示談書作成は、行政書士の仕事

示談とは

示談書作成は、書類作成のスペシャリストの行政書士にお任せください。遅延損害金、通知義務、守秘義務の条項等、必ず設けておいた方が良い条項がありますが、一般のお客様にはその見極めができません。

また、行政書士に依頼することにより、示談書に行政書士の職印を押印することができます。示談書の真正の証明に役立ちます。