公正証書作成

業務案内

公正証書作成
50,000円(税別)

公正証書サンプル

画像をタップで拡大表示ができます

公正証書サンプル

公正証書とは

>公正証書とは

公正証書は、全国に点在する公証役場にて、法務大臣に任命された公証人が法律(公証人法・民法)に則り作成する公文書のことです。

公正証書作成の目的

公正証書は、公文書のため、高い証明力が生じる上、債務者が金銭債務の支払を怠る場合には、裁判所の判決などを待つことなく直ちに債権差押え(強制執行手続き)に移行することができます。

公正証書作成のポイント

公正証書作成の最大のポイントは、公正証書にトラブルの完全解決の条項(清算条項)、強制執行を認める条項(強制執行認諾条項)を設けることです。清算条項、強制執行認諾条項を設けることにより、公正証書のメリットを活かすことができます。

公正証書作成は、行政書士の仕事

示談とは

公正証書作成は、書類作成のスペシャリストの行政書士にお任せください。複雑な公正証書作成手続きを完全に代行することが可能です。

公証役場の手数料

目的の価額 手数料
100万円以下 5,000円
100万円を超え
200万円以下
7,000円
200万円を超え
500万円以下
11,000円
500万円を超え
1000万円以下
17,000円
1000万円を超え
3000万円以下
23,000円
3000万円を超え
5000万円以下
29,000円
5000万円を超え
1億円以下
43,000円
1億円を超え
3億円以下
43,000円に
5000万円までごとに
1万3000円を加算
3億円を超え
10億円以下
95,000円に
5000万円までごとに
1万1000円を加算
10億円を超える場合 249,000円に
5000万円までごとに
8000円を加算

上記手数料のほか、法律行為に係る証書の作成の手数料については、証書の枚数が法務省令で定める枚数の計算方法により4枚(法務省令で定める横書の証書にあっては、3枚)を超えるときは、超える1枚ごとに250円が加算されます。